自動車を扱う元気のいい商社は魅力的だ

最近、政府が力を入れている政策に女性の活用が叫ばれています。
どの会社も意識はするものの中々着手出来なのが本音のところのようです。
大手企業は形式的に実施するも女性社員から言えば、それ程期待していないことも露呈されています。
大手企業ならではの細分化された業務のため仕事遣り甲斐をあまり感じないや、その社員数の多さから責任の重圧に耐えられないなどの悩みを抱える問題もあります。
そんな中で自動車を扱う商社にとても元気な女性社員が多いと言われる会社があります。
それはボッシュ株式会社と言う日本の自動車企業をサポートする外資系の企業です。
男性社員と同じ環境で女性社員が何の違和感もなく仕事をしています。
開発職や営業職など一般的には男性社員が勤務するイメージの強い職務にも女性社員の進出は積極的です。
先輩の女性社員が業務を通して後輩の女性社員にその開拓した道を示すように、また別の後輩の女性社員は新たな職務への可能性を信じて活躍する職務を広げています。
女性社員が積極的で元気であれば男性社員も発奮して仕事に精を出し、いい意味での相乗効果があります。
今はあまりそのような環境を提供する会社は多くはありませんが、将来的にはそれが日本企業のスタンダードな会社となると思われます。
一歩先を行くこの会社は、日本の企業の道先案内人として注目されている会社の一つです。