活動を積極的に広げることで活躍の場を増やす

様々なレシピの開発や食材の栄養などを解説する役割を持っている料理研究家。
笹部祐佳里は多くの料理研究を行っている料理研究家です。
彼女は仕事に関して真面目というだけでなく、貪欲に知識を蓄え行動に移し、ノウハウとして蓄積させるという特徴を持っています。
そのため、多くの人から信頼されているのです。

料理研究家として必要な能力として、人とコミュニケーションを取るというものがあります。黙々と1人で料理を作っているというのは趣味で料理をしている人と変わりません。
料理研究家は様々な人と話し、自分の料理をより多くの人に届けてもらうためのプレゼンテーションを行わなければいけません。
そのために、笹部祐佳里は色々な場所に足を運び交友関係を広げていき、活動を広げるきっかけになっているのです。

また、写真撮影を自分で行うことが出来るというのも笹部祐佳里の強みだと言えるでしょう。
現在ではカジュアルにスマートフォンを使った撮影が主流になっていますが、笹部祐佳里は学生時代からの趣味を生かして一眼レフ撮影を行なっています。
料理はもちろんのこと、様々な場面を撮影しSNSに投稿することによって、写真家としての知名度も高まっています。
料理研究家と写真家、その二足のわらじを履きこなす日も近いのかもしれません。