通気性の良いマットレスを入手するならココ!

主要先進国の中で、日本は上から数えたほうが早い高温多湿国です。
そのため、日本以外の国よりマットレスに対して通気性に優れていることが要求されます。
わたしたちは睡眠中にだいたい200cc、言い換えるとコップ1杯分の発汗量があります。
マットレスの通気性が悪いと、汗が出ることによって湿度が上昇し、むれて心地よい眠りのさまたげになってしまいます。

マットレスの通気性については、どの季節も良いほうがいいと誰もが思うでしょう。
通気性の良いマットレスが欲しいという希望があるのでしたら、モットンを検討してみてはいかがでしょうか?

なお、マットレスの通気性がいいといってもずっと敷いたままにするのはいけません。
マットレスの底面に湿気が貯留すると、かびが発生する原因になるほか、マットレスの硬さがとれてへこみ、元どおりに戻りづらくなってしまいます。
そのため、最低でも週に一度のペースで、直接太陽の光があたるところを避け、風のとおりがいいところに立て掛けて置くなどし、湿気のたまりやすい底面を乾燥させてあげましょう。

モットン悪評の真相を大暴露!悪い評価VS良い口コミを専門家が斬る!