現在取り扱っている不動産はどんなもの?

現在では、本郷 智祥の取り扱っている不動産は、個人の住宅用の物件が中心になっています。特に東京都23区内の中古マンションなどのニーズが増えてきています。金利が加工していることから、金利の安いうちに住宅ローンを組んで住宅を買おうとしている人が増えてきているからです。

最近では相続税対策の一環としてアパートを一棟買いしたりする人もいます。本郷 智祥は社員で行くと中堅どころになりますから、そのような投資用物件を取り扱うこともあります。ワンルームマンションを投資用に取り扱っていることもあります。

本郷 智祥が不動産でお客さんを案内するときにモットーとしているのが、物件についてまたそれに住む人物像について丁寧に調べることです。投資用物件でしたら、利益が出るかということが大事ですが、管理の方法やどのようなメリットがあるのか、素人では気づかない物件の良いところや、デメリットについても隠さずに話そうとしています。デメリットについては、裏を返せばよいように解釈できますから、良い言い方で言うようにしています。